お腹に触れる人

スイカ柄のお腹を避けよう

妊婦

乾燥ケアはこまめが一番

妊娠・出産を経験した証としても知られる「妊娠線」は、多くの女性が悩む肌のトラブルでもあります。これまで自慢のお腹であっても、妊娠を機に、まるでスイカのような派手な柄になってしまったら、やはり残念な気持ちになってしまいます。自身の身体に、自信も持てなくなってしまうでしょう。そんな妊娠線は、「なるリスクが高い人」も存在するので注意が必要です。妊娠線が発生しやすいのは、ズバリ肌が乾燥しがちな人です。乾燥肌は、多くの肌トラブルのもととなります。妊娠線も例外ではありません。しかし一方で、「肌の乾燥さえなんとかすることができれば、妊娠線を予防できる可能性も高くなる」ということです。乾燥肌が気になる方にとって重要なポイントとなるのは、保湿力が高いケアアイテムを使うということです。保湿ケアができればなんでもよいと考えるのではなく、できることなら妊娠線予防のための専用アイテムを活用しましょう。この時期のデリケートな身体にも安心して使えます。特に乾燥肌の人は、妊娠初期でも妊娠線ができてしまうことがあります。一度できてしまうと消すことは難しいので、初期の頃からケアしておくと安心です。クリームタイプとオイルタイプがありますが、こまめにケアすることを考えると、ベタつきにくいクリームタイプを選択するのがオススメです。保湿ケアは、一日に何度も行うのが基本です。特に乾燥が気になる時期には、こまめに塗ってください。お腹の赤ちゃんとコミュニケーションするつもりで楽しみましょう。