お腹に触れる人

皮膚トラブルを防ぐために

ウエスト

保湿ケアが肝心です

妊娠したら、絶対に避けたいのが「妊娠線」のトラブルです。びりびりと破かれたようなお腹は、決して美しいものではありません。妊娠期間が終わったあとに、自分のお腹にガッカリしてしまう女性も多くいます。こんな「妊娠線」のトラブルを避けるためには、まず「なぜ皮膚トラブルが起きるのか」を知っておく必要があります。妊娠期には、急激にお腹が大きくなります。それにつられて皮膚も引き伸ばされていきます。しかし人間の皮膚が伸び具合には限界があり、それを超えてしまうと亀裂が生じて妊娠線ができてしまうというわけです。また妊婦さんには、ホルモンバランスの変化という特有の原因もあります。妊娠中に多く分泌されるホルモンの中には、皮膚の新陳代謝を鈍くする作用があるものが含まれています。これにより、ダブルでダメージを受けやすい状況にあると言えます。こうした状況に対応するため、妊婦さんは外からのケアを頑張る必要があります。具体的に必要なのは、保湿ケアです。高い保湿ケア効果がある成分が配合されたケア用品や化粧品を使うことで、妊娠線トラブルを予防できます。妊婦さんにオススメの保湿ケア成分は、葉酸やプラセンタエキス、シラノール誘導体やコラーゲンです。クリームだけでは不安を感じるときには、ホホバオイルなどを組み合わせて使うのがオススメです。ケチらずにたっぷりと使って、こまめに保湿しましょう。たった半日で妊娠線ができてしまうケースもあるので、気を抜かないでください。