レディ
ウエスト

皮膚トラブルを防ぐために

妊娠線は、大きくなったお腹に皮膚が引っ張られること、またホルモンバランスの変化のために引き起こされる肌トラブルです。予防するためには、保湿効果の高いケアアイテムや化粧品を使う必要があります。クリームだけでは不安なときには、ホホバオイルも組み合わせて使ってください。

妊婦

スイカ柄のお腹を避けよう

妊娠線ができやすいのは、ずばり「乾燥肌」の人です。保湿効果の高い専用ケア商品をこまめに塗って、乾燥を防ぐ必要があります。初期の段階で妊娠線ができてしまうこともあるので、油断は禁物です。できるだけ早い段階からケアを開始しましょう。

レディ

お腹はこまめな保湿で守る

妊娠線は、肌の乾燥を防ぐことで予防できると言われています。保湿ケアは、ケチらずしっかりと行うことがオススメです。初期や中期は朝と晩の2回、後期に入ったら一日に5〜6回の保湿ケアが目安です。お腹の下や横、太ももも忘れないようにしましょう。

リスクが高い人の特徴とは

妊婦さん

専用アイテムで徹底ケアを

多くの妊婦さんを悩ませる妊娠線の問題ですが、実は「妊娠線トラブルが発生しやすいタイプ」というものが存在します。もしも自分がそのタイプに当てはまる場合には、通常よりもより一層注意して、毎日のケアに励むべきでしょう。当てはまらない場合には、一応安心ということになりますが、やはりしっかりとケアしておくと、後悔しなくて済みそうです。では次に、実際に「トラブルが発生しやすいタイプについて紹介していきます。ズバリ妊娠線に悩まされやすいのは、普段から乾燥肌で悩んでいる人です。その他、妊娠中の体重増加が多い人、もともと肉付きの良い体形をしていた人も当てはまります。このほか、双子を妊娠している場合にも、通常よりもお腹が大きくなりがちですから、注意する必要があります。このような場合には、専用ケアアイテムをしっかりと使って、念入りにケアしていきましょう。オススメのクリームやオイルの特徴は、保湿効果が高いことです。どのような成分で保湿しているのかは、アイテムによって異なります。できれば、妊娠初期の内から自分の肌になじみやすいものを選んでおくと安心です。妊娠線のリスクが高まる後期までに、肌にピッタリのアイテムを決めることができるでしょう。クリームの場合は手に取ったときに固くないものを、オイルの場合にはベタベタし過ぎないものがオススメです。毎日数回使うものですから、自分自身の使いやすさにもこだわって決めるのがオススメです。